最近は、マンション自体の数が増え、さらに新築も増えていますので、中古マンションはお手頃になって来ているようです。中古マンションをリフォームすれば理想の住まいが作れますが、物件を見る時に注意すべき点を紹介します。

中古マンションは立地や広さの割りに価格が手ごろですから、内部を自分好みにリフォームすれば、理想の住まいにすることができます。しかし、想像以上にリフォーム費用がかさんでしまい、結局新築マンションと変わらないほどの費用が掛かってしまったり、制限が多く希望のリフォームができなかったりしたケースもありますので注意したいですね。

具体的に間取りプランの大きな変更リフォームが可能なのが、一戸がコンクリートの壁で囲まれていて、間仕切り壁が木や軽量鉄骨でできているマンション。間仕切り壁の移動ができるので、壁を全部取り払ってワンルームにしたり、室内窓をはめ込んだりするようなリフォームも可能です。コンクリートの壁かどうかが判らないといった事もあるでしょうが、案外簡単に判断出来ます。壁を軽くノックしてみて下さい。空洞がありそうな壁はコンクリート製ではありません。見た目ではなく音で判断しましょう。

またマンションには、管理規約と使用細則という規則があり、所有者はそれに従う必要があります。それらの規則にはリフォームに関する約束事も決められていて、リフォームできる範囲、床材の防音性能などが定められています。構造や規約は、購入前に不動産屋さんに確認して貰い、希望のリフォームができるか、チェックしておきましょう。
そのうえで建築家やリフォーム会社に相談に行けば良い提案をしてもらえると思います。

■記事提供
晴耕雨読と花鳥風月 〜建築家の軌跡〜
http://blog.niva-architect-laboratory.com