買い物での賢い節約方法

お買い物をされる時での食材や商品での節約方法というのにも気をつけていかないといけなくなるのですが、この時にもっと大切になって来るという問題があります。それは、お支払いの際でのお支払い方法という事になるのです。

現金をある程度持ち歩いてお支払いを行うか、クレジットカードやカード類なんかでお支払いを行った方がいいのかっていう風に悩まれてしまうと思いますが、現金を使ってお支払いをした方がいいのか、クレジットカードやカード類でお支払いを行ったほうがお得なのかって言うどっちの方がお得なのかって言うものをこの際比較してみましょう。

・カードでのお支払いよく節約の書籍などでは現金でお支払いを行えば節約になるというように書かれているのですが、クレジットカード、又はカードで支払われたほうがお得なこともあるのです。

お買い物の際で、カードだとポイントがためるという事が出来てしまえて、ポイントがゲットするという事が出来るのです。
また、クレジットカードだと何度も銀行からお金をおろさなくては行かなくなってしまいますので、無駄な時間や手数料というものが掛ってしまうということを防いでくれるのです。
マイルがたまるというもの、商品がもらえるというものという風にさまざまなカードがあるのですが、ポイント還元率が高いところ、入会金、年会金が安いところ、ポイントが無駄にならないところ、自分が使えるというポイントのものを選んでいくというあたりで基準にされてみて選ばれたほうがいいかと思われます。

・現金はある程度は持ち歩きましょう
このことも節約の本や書籍にはよく書かれているということなのですが、ある程度なら現金を持ちあるくというふうにしていってみましょう。たとえば、たまたまずっとほしかったという商品がこの日に限って半額や割引になっていたというにもかかわらず、ついうっかりとカードを忘れてしまっていて、持ち合わせがない!という大惨事を防げるからなのです。

そのたびに銀行に行ってお金を引き出していたのでは手数料というものがばかにならなくなってしまってとんでもない話になってしまいますし、いいものだったらそうこうしているうちに誰かに売られてしまうのです。ただし、手元にあると全部使ってしまうという方にはちょっと不向きだと思われがちです。

気をつけていきましょう。

私的にはカードでも、現金ででもどちらでも問題はないようにも思われます。
自分自身にぴったりと合ってるというお支払い方法をフルに活用されていくっていう方が1番大切だって思います。