しけてしまった食品の復活方法

色々な食品が自宅にあり余ってしまったがために、お菓子やパンを購入しておいたのにしけさせてしまっておいしさが逃げてしまって、とても損をしてしまったという経験ってありませんか?しけてしまったから、また同じ食品を購入しなくてはいけなくなって食費が加算されてしまって、とても節約どころではないということもあるのではないかと思われます。
本当はしけさせないということが1番いいのですが、1度で食品を使い切るという事は大変になってしまいます。
それに、1度しけてしまったものはもう仕方がありません。だからといって、あきらめてしまわずに、最後まで責任を持って
おいしく使い切ってしまいましょう。
そこで、しけてしまった食品の復活方法をご紹介いたします。

・電子レンジでチンをする。

お皿に盛り付けて、ラップはかけずに30秒くらい電子レンジにかけましょう。温めてからすぐにではなくて、少しだけ
時間をおいて、冷ましてから召し上がられたほうがおいしく食べられるのだそうです。

・トースターやフライパンで焼きましょう

電子レンジを活用されるということもいいと思いますが、トースターやフライパンを使って、炒ったり、ガスコンロであぶったりして、水分を飛ばしてみましょう。この際に、焦げてしまわない様に気をつけてください。

・お料理に活用していきましょう。

ガスコンロでのりをあぶってから、ごま油を塗って塩を振ると、ただの海苔でも韓国海苔に大変身をするのです。
お吸い物や佃煮にしてみたり、細かく切り刻んでサラダなんかの上に振りかけるとおいしくなるのです。
しけてしまったからといって、捨ててしまったりしていては非常にもったいないです。復活をさせるでもいいですし、ほかの食材でしけってしまったものをお料理にフル活用されていけばふだんの献立のアクセントにもなれるし、ストックをしておくだけで食費が減少させるということが可能になって、まさに一石二鳥なのです。