お寿司の食べる順番は、淡白な材料からゆでたもの、味の強いもの、巻き寿司の順番で食べるほうが良いとされています。
というのも、最初に脂ののった味の強いものを食べてしまうと、口の中に脂が残り、舌の感覚がどうしても鈍ってしまうからです。
タイやひらめなどの白身の魚から始まり、トロ、うになどの味の濃いものは後で、また味の濃いものを食べた後は、ガリをつまんだり、お茶を飲んで口の中を整えておくと寿司の風味を楽しむことができます。
そして、最後は巻き寿司でさっぱり仕上げます。

ただ、お寿司は本来、気軽な食べ物。
堅苦しいルールなんてありません。もちろん食べる順番なんて人それぞれ、自由に食べたいものを食べるというのが一番いいと思います。
様々な寿司を楽しみたいのなら、寿司を一つ食べて、付け出しの生姜を一口食べれば、口内がさっぱりして個々の魚の持ち味を吟味できます。