本棚の奥の壁面板に、タオルを画鋲などで取り付けます。これだけで、薄い本一冊だけでも立ちます。これは、タオルの表面の細かい繊維が、雑誌の頁と頁の間に入り込んで倒れなくしてくれています。