今年も夏物から秋冬物へ、衣替えの季節がやってきます。
大切な衣類を長く着るためにも、ちょっとした衣替えのコツさえを押さえてキチンとお手入れをして収納しておきましょう。

一度でも着たものは必ず洗う
~汗ジミ対策を万全に!!~
夏 物をしまうにあたって、いちばん気をつけたいことは汗によるシミ。衣類に残った汗は、ほんの少しのものでも、確実にシミになってしまうもの。表面はキレイ なのに、衿や脇だけが汚れている、ということも良くあります。夏物衣類は収納前に必ず念入りなお洗濯やクリーニングを!

虫干しと乾燥をしっかり
「湿 気」は虫も大好きですが、カビの原因にもなるやっかいなもの。虫干しをして湿気をよく取り除きましょう。クリーニングから戻ってきた衣類や毛布・布団はビ ニールをつけたまま収納していると、中で蒸れてしまうので、必ず外すようにしてください。収納後も2週間に一度くらいは戸をあけてタンスやクローゼットに 風を通してください。

効果的に防虫剤を使う
防虫剤が気化したガスは、空気よりも重いので衣類の上の方に置くことがポイントです。また、違う種類の防虫剤を一緒に使うと化学変化をおこして衣類に変色やシミをつくることがありますので種類の違う防虫剤を混ぜて使うのは避けましょう。