身分証明書や履歴書に使う証明写真。免許証やパスポート用として使うときも、その写真は更新するまでずっと同じ写真ですし、履歴書用として使うときも、少なからず面接の結果に影響するものです。
できれば、もっともっと!実際より(?!)キレイに写りたいわけですが、写真屋さんに行って撮影している時間もないし、そんなお金もないし。
そんな方にオススメの、証明写真をもっと上手に写る方法をご紹介します。
駅などにあるスピード写真では、納得のいく写真が撮れないと思っている方も多いかと思いますが、実は、ちょっとした工夫次第で、スピード写真でも、もっとキレイに証明写真を撮ることができます。

【その1】白いハンカチを使う。
スピード写真を撮るときに、ひざの上に白いハンカチを広げておきます。フラッシュが白いハンカチに反射して、顔の下からも光があたるようになるので、顔全体が明るくキレイな写真が撮れます。

【その2】ちょっぴり厚化粧にする。
女性の場合、普段のお化粧よりも、ちょっとだけ濃いめにすると、顔がはっきりと写ります。また、色も多少暗めに。ちなみにUVカットのファンデーションは、フラッシュの光を反射するので、避けた方がいいです。

【その3】ガラスを掃除する。
意外と見落としがちなのが、カメラの前にあるガラス。
実はこれが汚れていると、キレイな写真が撮れないんです。
写真を撮る前に、ササッと拭いておきましょう。

【その4】スーツじゃなくても、黒っぽい服装を着る。
スピード写真は、スーツなど黒っぽい服を着て写真を撮る用に、フラッシュや背景が設定されています。なので、白っぽい服を着て写すと、全体的にボヤーっとしたイメージになります。

【その5】プリクラの機械で撮る。
プリクラで証明写真を写せる機種があります。プリクラの機械なら、撮った写真の確認や撮り直しもできちゃうので、納得いく写真が写せるカモ?!