豆腐の空きケースで一つの側面をくりぬいて置きます口の周りに切れ目を入れて糸で碁盤の目になる様に糸をしっかりと引っ掛けていきますもちろん側面のくり貫いた所にも糸を掛けます。

最後の糸の始末は切れ目に挟んでOKです。

水切りした豆腐の上にこのさいのめ切り器を載せてひっくり返します豆腐がさいの目切り器に落ちたところで今度はくり抜いた側面から押し出すようにします。

一瞬で綺麗に豆腐のさいの目が出来ています。