◆腕時計編
針方式の時計ひとつと太陽の位置が分かれば簡単に方角を調べることができるのです。
1.時計の短針を太陽の方向に合わせる。
2.次に時計の文字盤で『12』の位置を確認する。
3.その短針と『12』のちょうど真ん中の方向が南になる。
ちなみにデジタル表示の時計の場合はできません。
その場合は、今の時刻を紙などに針式で書いてから調べてください。
ただし、太陽が確認できない天候や夜にはこの技は使えませんね。

◆テレビアンテナ編
各家庭にあるテレビのアンテナである程度の方向がわかります。
ただし、この技が使えるのは、首都圏・近畿圏・中部圏のみです。
まず見るのはアンテナの向いている方向を見ます。
実はアンテナが向いている方向には電波塔があるのです。
例えば、首都圏であればアンテナは東京タワーに向けてあります。
これである程度の方向は確認できるはずです。
なお、近畿圏は通天閣に、中部圏は名古屋テレビ塔に向いています。

◆衛星放送アンテナ編
一番簡単なのがこの衛星放送のアンテナから方角を調べる方法です。
よく民家などにある衛星放送を受信するパラボラアンテナ。
あのアンテナは南西の方向に向いています。
車などで迷い、方向感覚が狂ってしまったら、この技を使いましょう!