生まれてくる子供の男女を自分たちで選びたいと考えている方はいませんか?
いま倫理的にはいろいろ問題視されてはいますが、現在の科学では可能になってきているのです。
そういった男女の産み分けサービスを行う会社まで登場しています。
この会社はフランスにある会社で成功率は90%以上。
入会金は2万円で、カレンダー作成料として別途4万円が必要。
これらの申込金は、産み分けに成功しなかった場合は全額返金されるのです。
http://www.selnas.com/

以上は科学的なことですが、実際に男の子を産むための方法を実践編でご紹介しましょう。
基本的に男の子が生まれるようにするには、SEXの時に、女性がエクスタシーを感じ、頂点に近づいている時に男性が射精をするようにするといいと言われています。
逆に何も考えずに、盛り上がらないままにSEXをすると、女の子が生まれやすくなると言われています。
では具体的に男の子が生まれる確率が高くなる方法をご紹介します。
1.SEXは、排卵日に行う。
2.男性は精子を2週間ほど貯める。
我慢する。
3.SEXに時間をかける。
4.フェラチオも念入りにする。
唾液を付ける。
5.女性が絶頂を迎えた後に、男性が射精する。
この方法は、排卵日に女性を強いエクスタシーに導き、膣内をアルカリ性にしたあと、溜めていた濃厚な精液を射精するための方法です。
※この方法は絶対ではありませんし、科学的に証明されていることでもありません。