上記で受信料を無料にする方法をご案内しましたが、さらに細かい裏技があります。
上記の場合、メールの本文と件名、送信者のすべてが受信できるものでしたが、それを限定することができます。
例えば本文だけ受信するようにしたりと。
本来、件名や送信者のデータも受信すると、それも文字数にカウントされ、本文の受信できる文字数が減ってしまいますが、このように限定すれば、本文の受信文字数が増えます。ただ送信者が分からないと不便だったりしますけどね。

1.自分の隠しアドレスを確認する。
上記で紹介しているとおりですが、例えば電話番号が090-1234-5678で、東京に住んでいる方の隠しアドレスは、09012345678@cmail.ido.ne.jpになります。
通常は上記のように@の前に自分の電話番号を入れますが、ここに少し細工をします。
【本文限定で受信したい場合】
09012345678.b@cmail.ido.ne.jp
※電話番号の後に、「.b」を追加します。
【件名限定で受信したい場合】
09012345678.s@cmail.ido.ne.jp
※電話番号の後に、「.s」を追加します。
【送信者限定で受信したい場合】
09012345678.f@cmail.ido.ne.jp
※電話番号の後に、「.f」を追加します。
2.auのサーバーにアクセスし、自分のメールを転送で受け取るように設定します。
まずメールの設定の中で、その他の設定というような項目があるかと思います。
そこで自動転送を選び、その自動転送先を上記のc-mailアドレスにしてください。
3.基本的にはこれだけで設定は終了ですが、次の設定も変更しておくことをおすすめします。
4.メール自動受信をOFFにして、手動にします。
5.これで限定した受信が可能になります。