経済的に国民年金の保険料支払いが難しいとき、この保険料支払いの免除を受ける方法があります。
それはその名のとおり、「保険料免除制度」。
普通、この保険料を滞納してしまうと、年金がもらえる期間に影響を与えてしまいますが、この免除を申請しておけば、3分の1納めたこととなり影響を大きく与えないようになっているのです。
ただし対象者は自営業者や学生など保険料を給料から差し引かれないで、直接納付している方に限られます。