古くなって敗れてしまった掃除機のホースや、洗濯機の排水ホース、家にある物で簡単に頑丈に修復できる方法があります。

先ず次の物を用意して下さい。
・500mlのペットボトルのラベル
・セロハンテープとガムテープ
・ドライヤー

1.ラベルはペットボトルに巻き付いているラベルを破らずに取り外して下さい。(パリパリしたビニール製のラベルです)
2.取り外した筒状のラベルをホースに通して穴が空いてしまった部分に置いてセロハンテープで仮どめして下さい。
3.そのラベルにドライヤーの熱風で温めて下さい。

すると、ラベルがドライヤーの熱で縮んでホースのジャバラにもぴったりフィットします。
リサイクルしやすい様にミシン目が入っているラベルの場合は、2枚重ねにすると強度が上がります。(1枚ずつ別々に縮めて下さい)
さらにラベルの廻りにガムテープを巻けば完了です。

この方法だと材料代はタダなので、上手く行かなくても何度でもでき、損もしないと思います。
尚、ドライヤーを当て過ぎてホースを溶かさない様に注意して下さい。