桃は好きだけど、切り分けるとなると種のまわりに実が残ってしまったり、形が不揃いになったりで、うまくできないという人も多いのでは?
そこで、桃をきれいに切り分ける方法をご紹介。
まず桃の割れ目にそってぐるっと一周包丁を入れます。
この時、種の届くまでしっかり切り込むのがコツ!そして実を両手で優しく掴み、切り込みに沿ってルービックキューブを回すようにぐるりと捻りましょう。
 すると実が綺麗に二つに分かれるので、どちらか一方に付いている種をスプーンなどで取り出し、包丁で4~8等分に切り分けます。最後に皮を剥けば、お客様にも出せるくらいキレイ!(桃は大変傷みやすいので、皮は最後に剥きましょう。)
 また、よく熟した桃なら皮も剥きやすいのですが、まだ固い桃の皮を剥く時には一度熱湯の中に桃を浸し、すぐに取り出して氷水の中で冷やすととても剥きやすくなります。
ただし熱湯に長く浸けすぎると茶色く変色してしまうので、作業は手早く!