最近の電器屋さんでは値引き合戦が熾烈に行われています。
そんなときこそ、表示価格のままで買うのはもったいない。
そこで簡単な値引き交渉のテクニックをご紹介します。

電器屋でもっと安くしてもらう方法1!
最近の電器屋さんでは値引き合戦が熾烈に行われています。
そんなときこそ、表示価格のままで買うのはもったいない。
そこで使える値引き交渉テクニック。
他店のチラシを持参する!他のお店の方が安いっ!とその証拠を突きつけると、ほとんどのお店で価格対応してくれます。
ただし、他店の方が安くても、特価品や他店に在庫がない場合、また数量限定のものは無理なことが多いです。

電器屋でもっと安くしてもらう方法2!
電器屋さんは現金で買ってくれるお客さんを喜びます。
それは、クレジットカードやデビットカードで支払われると、売上代金の数%をお店が負担してカード会社等に支払わなくてはいけなくなるのです。
そこであえて、クレジットカードをちらつかせながら、値引き交渉をして、価格を下げられるところまで下げて、いざ支払の時には、「現金で支払うからもっと安くして!」とお願いしてみるといいです。

電器屋でもっと安くしてもらう方法3!
家電量販店の場合、派遣社員の比率がとても高くなっています。
この派遣社員とは、お店の社員ではなく、メーカーから派遣され、販売応援をしているもので、そのメーカーの商品を販売することが主な仕事です。
これらの派遣社員には、値下げの権限はないので、いくら値下げ交渉をしても時間の無駄になってしまいます。
派遣社員ではなく、お店の正規の社員を探すことが先決です。
お店にもよりますが、派遣社員とお店の社員を見分けるには、名札を見るようにしましょう。
何かしらの区別がしてあるはずです。
例えば、派遣社員であれば、名札の色が違っていたり、意味不明なシールが貼ってあったり、また記号がかかれていたりします。
まずは、お店の社員を見つけ、値下げの交渉をするようにしましょう。