■汚れはためない
窓拭きは汚れをためずに拭くのがポイントです。汚れがひどい場合は、ガラスクリーナー等で[Z]の字を書くのが無駄の無い磨き方。

洗剤、拭き残しがないように、からぶきをする。スリガラスや模様ガラスなど、表面に凹凸があるガラスは、歯ブラシやタワシを利用すると綺麗になります。
雨降りの後や曇の日が、汚れがとれやすい。最初は外から、外を透かしながら内側を拭くのもポイントになります。

■ひどい汚れにラップを利用
汚れがひどい場合は、ラップを利用しましょう。洗剤をガラスに吹き付け、ラップをかぶせて10~15分おいておく。ラップをはずし、カラぶきをすれば、こすらずにラクラクに汚れが取れますよ。