海や川での名物!?スイカ割り。
目隠しをして、くるくると周り、そして持っている棒で、スイカめがけ て振り下ろす。
なかなか盛り上がるゲームですよね。
これが意外と難しいのですが、しかし、ちょっとした必勝法があります。
それでは確実にスイカを割るための必勝法をご紹介します。
1.予行練習をしておく。
そもそも目隠しをして、なぜまっすぐに歩くことができないかというと、それは体が左右対称にできていないのが原因。
そして人は平衡感覚がなくなったときには、ある程度同じ方向に曲がって歩いてしまうのです。
つまり最初からどのくらい、どちらに曲がって 歩いていくかというのを調べておけばいいのです。

2.裸足でやる。
目隠しをすることにより、脳に送られるスイカの位置情報は
かなり少なくなります。
さらにくるくる回ることにより、余計にわからなくなりま すよね。
感を頼りにスイカに向かって歩くのでは、なかなか的中できま せん。
少しでも脳にスイカの位置情報を伝えるために、五感をフル活用 する必要がありますが、その大切な情報源となるのが、足の裏です。
目隠しをする前に、足場の荒れ状態や凸凹を覚えておき、足の裏の感覚 を頼りにスイカに向かえば意外と簡単にスイカが割れます。