鏡に映し出されたような左右が逆に書かれた文字「鏡文字」を普通に書くのはとても難しいことです。
普段書き慣れている文字を左右逆で書くわけですから。
しかし、この鏡文字を簡単に書く方法があります。
方法は簡単です。
まずノートやスケッチブックなど、少し大きめの紙を用意します。
それを頭の上に立てて、ペンで文字を書きます。
手を上に上げて書いている文字も見られないので、少々書きづらいのではありますが、これで普通に文字を書けば、あら不思議。
書いた文字はなぜか鏡文字になっているのです。