オリンピックを見てバトミントンをはじめた方も多いようです。
そんな初心者の方が思うのが、プロの方のプレイを見てると、なぜあんなに早く動けて速く打てる上に
小さなフォームで強く打てるのかと感じるようです。
そこで、足の捌きかたや打つ上でのコツ、有効な練習方法を教えましょう!

足の捌きかた
フットワークのことだと思いますが、これは上手な人のを真似て「自分流にアレンジ」するとよいと思います。
人それぞれ違うはずですから。
ただ、必要最低限の基礎体力がなければ(特に腹筋、背筋など)こなせません。鍛えましょう。

打つ上でのコツ
これも上手な人の真似てみましょう。特に回内、回外(わからなければググってみてください。)を使えば、コンパクトに打つことができるはずです。
あとは反射の問題なので、基礎練習でより良いタイミングをつかみましょう。

有効な練習方法
基礎体力のための練習、ストロークの練習、実戦のための練習とがあると思いますが、初心者であればまずは、基礎体力と、ストロークの練習でしょう。
基礎体力についてば、腹筋、背筋、腕立て、スクワット、ダッシュなどの基本と、フットワーク中心。
ストロークについては、素振りだけではなく、ノックが有効な練習だと思います。

以上、参考にどうぞ!