誰もが一度はやったことのあるオセロ。
白と黒の円形のものを反転させるゲーム。
単純そうでなかなか複雑なゲーム。
しかし、このオセロにも絶対に勝つ法則があるのです。
まぁー絶対に勝つ法則があるということは、それほど奥深いゲームではないということなのですが。
ではその方法をご紹介します。

まず先手か後手かを決めますが、必ず後手にしてください。
相手がよりうまい人ほど先手では絶対に勝てません。
次にオセロの勝つ原則を考えてみます。
1.オセロでは一般的に4隅を取らなくては勝てません。
2.一番外側のマスをできるだけ多く取る必要があります。
3.一番外側のマスを取るには、外側から2番目のマスをできるだけ取らないようにする必要があります。
4.外側2番目を取らないようにするには、外側3番目をできるだけ取るようにする必要があります。
5.その外側3番目というのが、最初に4つのオセロチップを置きますが、その周りを囲むマスで、全部で12マスあります。
よーくオセロ板を見ると、この外側3番目のマスの4隅には太めの黒目印が必ずついています。
オセロでは、この12マスを多く取った方が勝ちになるのです。
つまりここで勝敗は決まります。

実践的に考えますと、後手を選んだあなたは黒チップだとします。
先手の人がどこかに置くと思います。
その後、あなたは、かならず外側3番目の外(外側2番目)には絶対にチップを置いてはいけません。
空きがあれば、必ず外側3番目を優先的に置きましょう。
後手を選んであなたは必ず外側3番目により多くのチップを置けると思います。

次に外側3番目がすべて埋まってしまってからを考えてみましょう。
外側3番目がすべて埋まるということは、最低でも16個のチップが置かれているはずです。
その次の段階で、先手の人は外側2番目にチップを置きざるを得ません。
外側2番目に相手が置いたらすかさず一番外側にチップを置いて、反転させてしまいましょう。
この繰り返しです。
それを繰り返せば、一番外側の列もすべて取れるかと思います。
ただ一点注意が必要なのは、一番4隅の隣のマスには、絶対に一番外側だからといっても置かないようにしてください。
ちょっと文章では伝わりづらい点があるかとは思いますが、実物のオセロを目の前にして、一つずつ試していってみてください。