地味なゲームの一つ、棒引き。
このゲームは紙にいくつかの棒を書き、二人で順番に棒を消していき、最後の棒を引いた方が負けという単純なゲーム。
このゲームに勝つ法則があるのです。
まずこの棒引きの簡単な説明から。
まず紙に棒を数本書きます。
例1

||
|||
||||
|||||
例2
|||
|||||
|||||||
これらの棒を順番に横に引いていきます。
本数は何本引いても構わないのですが、斜めに引いたり縦に引いたりはできません。
そして棒を最後に引いたら負け、つまり、最後の一本を引かせた方が勝ちになります。
さて、本番。
勝つ方法ですが、スバリ2本と2本の組み合わせができ、次の番になる人の負けになるのです。
下記は一例です。

||
+++
++||
+++++
上記のように、2本の組み合わせを作った方が勝ちになります。
これが基礎。
その応用で、2本の組み合わせが4つ作っても勝ちになります。


||
||+
++||
+||++
また2本を2つと1本を2つでも勝ちになります。

||
++|
++||
+++++
つまりこの形に持ってくれば勝ち、次の番になる人は負けになるのです。
何度か練習してから実践してみてください。