マジック・手品は、私たちを不思議な世界に誘ってくれ、そして心から楽しませてくれるエンターテイメントの一つです。
これらかのマジック・手品は、私たち観客を最大限に楽しませるために、日々新しいマジック・手品を考案・研究し努力をしています。

しかしながら、「種明かし」という行為一つで、その努力が水の泡になってしまうこともしばしばです。
そのことにより、業界では「種明かし」 はタブー視されているのです。

さて、そのような状況の中、テレビ局では競って種明かしに近い内容の放送を見掛けます。
これらマジック・手品・奇術における唯一の社団法 人である(社)日本奇術協会のホームページでは、テレビ局向けに抗議文が簡単に送れるよう、抗議文のフォームまでが用意されています。
そのくらい「種明かし」には神経をとがらせているのです。

さてさて、余談ではありますが、この日本奇術協会には、マギー司郎さ んや引田天功さんが属していますが、マギー審司さんやMrマリックさんは属していません。
参考までに。