墨汁に水性ペンの先を2日間浸けます。原稿用紙10枚分も書けるようになっていました。おまけに何日かたってもOKです。これは、ペンの軸の中に吸収体と言う繊維のようなものが入っていてペンの先から毛細管現象を利用して水分を蓄えるらしいです。