はいている靴を脱いで、つま先の下に置いてください。
かかとは床につけたまま、つま先を靴の上に上がった状態にすると長時間疲れずに座れます。