年齢によって自動車保険料を節約することができます。

一般に若年層はその運転技術の未熟さから、事故の発生率は高いという統計がでています。

最近高齢者による事故の発生率も上がってきましたが、それでもやはり若い世代の方が事故率が高いのが実情です。

またそれだけでなく、保険金の支払いも高額になる傾向があります。

やはりスヒードの出しすぎや無理な追い越しなどが事故の原因になることが多く、当然被る被害も大きくなるからでしょう。

これと比べると高齢者による事故の被害額は少ないのです。

そのような事情もふまえて保険各社は年齢条件の設定をしています。

年齢を追うごとに保険金は下がっていきます。

これが年齢条件による割引制度です。

一番保険料が高いのは「年齢を問わず担保」でどの年齢でも保険が適用されます。

次に高いのは「21才未満不担保」で21才以上のドライバーに保険が適用されます。

そのほかは「26才未満不担保」・「30才未満不担保」・「35才未満不担保」の順になります。

「年齢を問わず担保」で契約した時の保険料が10万円だったとすると、「35才未満不担保」で契約の場合4万円程度まで下がります。

もちろん保険会社によって年齢の設定や割引率が違いますので、一概には言えませんが参考までにご紹介しました。

20歳を超えてから年を重ねるが年々憂うつでしたが、このように得することもあると年をとるのもいいもんだと思えるようになりそうです。

誕生日が来て設定された年齢になっても保険会社が自動的に年齢条件を変更してはくれませんのでご注意を。

申告すると保険料が一部返還されることもあり、さらに節約となります。