常に「ごみ箱」を空にしておく裏ワザ

ファイルを削除すると通常は「ごみ箱」にいったん移動され、ごみ箱を右クリックして「ごみ箱を空にする」で完全に削除される。次の設定を行なうとごみ箱を経由せずに完全に削除することができる。しかし、この設定をすると削除したファイルは元に戻すことができないので注意。

・デスクトップの【ごみ箱】を右クリック⇒【プロパティ】を選ぶ⇒《ごみ箱のプロパティ》画面の【オプション】タブを開く⇒「ごみ箱にファイルを移動しないで削除と同時にファイルを消す」にチェックを付ける。また、「削除の確認メッセージを表示」のチェックを外す⇒【OK】。