e381bbe38186e3818d
年末となり、大掃除をされる御家庭も多いのではいでしょうか。
そこで、今回は日常的に掃除しながら、なかなか本格的にはお掃除できない、リビングルームの掃除についての裏技です!

リビングのすきま掃除
– 身近なアイテムで隅々までキレイに!
ふだん簡単にすませていたリビング掃除。棚の裏やソファの下など、日ごろ手の届かなかった部分を新年に向けてきれいにしましょう。ソファの下を、まず掃除機でできるだけ掃除しましょう。次にお茶ガラを使います。生乾きのお茶ガラをまんべんなく広がるようにソファの下に入れます。後はほうきやモップを使ってお茶ガラを集めると、お茶ガラがホコリを吸着してくれます。家具の隙間はハウスダストの温床です。ホコリを除去して気持ちよく新年を迎えましょう!

リビングのカーペット掃除
– カーペットをきれいにして快適に!
カーペットというとなかなかホコリが落ちないというイメージがあると思います。そこで、身の回りのものを使ってキレイにしましょう。まず、ゴム手袋をはめて、カーペットの上をなぞって下さい。からみついていた髪の毛などのゴミが浮かびあがってくるはずです。まずはこれを、掃除機で吸い取りましょう。次に塩をカーペットにふりかけましょう。大量にかける必要はないので、1平方メートルに2g程度をまんべんなく撒いて下さい。あとはそれをホウキで掃いて掃除すれば、奥の奥につまったホコリを塩の粒でかき出し、さらに殺菌までしてくれます。ホウキで掃いたあとは掃除機を念入りにかければ、驚くほどホコリが取れています。これでハウスダストも軽減できますね。

照明の掃除
– 照明をキレイにリフレッシュ!
照明のお掃除をおこたっていると、汚れがたまっていき、明るさが減少していきます。日常的に手入れする場所でないだけに、大掃除でスッキリとキレイにしましょう。ちなみに掃除を1年間放置すると、約20%明るさが落ちると言われています。掃除する前に、必ず電源を切りましょう。かさ(プラスチック製の場合)を取り外し、掃除していきます。水拭きしたあと、米ぬかをガーゼでくるんだものをぬらしてふいてみましょう。米ぬかの成分がキズをコーティングして、ピカピカになります。次にランプ部分です。水分が入らないように、かたくしぼった雑巾を使って、丁寧にみがきましょう。照明が明るくなると、目にかかる負担もすくなくなりますし、なにより気分も明るくなりますよね!