ほうれん草は、食べると舌にアクの渋みが残りますよね。
炒め物は、ほとんど渋みがないのに、おひたしやサラダは、どうしても
アクが気になります。
そんなほうれん草のアクを取る方法をご紹介します。

【茹でる】
おひたしなどで、ほうれん草を茹でるときは、塩を手につけ、
ほうれん草を軽く揉みます。
その後、1リットルの水に対して、砂糖小さじ1を加えたお湯で、
手早く茹でます。

【生のまま】
アクの少ないサラダほうれん草が売られていますが、これもアクがないわけではありません。
サラダなどで、生でほうれん草を食べる場合は、
ほうれん草を食べやすい大きさに切り、水に10分くらい浸しておきます。
これで、アクを抜くことができます。