旅行や帰省などで長期間不在となる場合、ポストに郵便物が溜まっていると、明らかに留守だとわかってしまい、防犯上危険です。

賃貸物件に住んでいる場合は、大家さんに部屋を空ける旨を連絡したほうがいいでしょう。なぜなら、長期間家に帰ってこないと、夜逃げしたんじゃないかと思われたり、緊急に部屋の点検が必要になった等、管理上において不都合が生じてしまうからです。

それでは大家さんに連絡すれば、郵便物も預かってくれるのでしょうか。

親しく付き合っている大家さんならそれもアリでしょうが、プライバシーにかかわることなので、やめといたほうが無難です。

新聞なら販売店へ連絡して、しばらく止めてもらうことができます。でも郵便物はどうしたらいいでしょうか。郵便局に預かってもらえるのでしょうか。

実は、郵便局では長期不在時に届いた郵便物を預かってくれるというサービスがあります。

方法は簡単で、専用の用紙に必要事項を記入して、郵便局に出すだけ。ただし預かってくれる期間は最大30日間。長期不在の際には、ぜひ利用してみて下さい。