家の断熱を考えていく

灯油ストーブ・ガスストーブ・こたつにエアコン、ホットカーペット。この中でどれが安いのかって考えてみるのもいいのかもしれませんが、その前にご自宅の断熱についてそろそろ本気で考えていきましょう。
理由は、せっかく一生懸命暖めたのに、それが外に逃げてしまうからなのです。
そんな状況では盛った胃がないし、何よりも節約にはならないのです。そこで自宅の部屋の断熱を見直してみてください。それだけで節約につながれるからなのです。

・窓の断熱

ご自宅での断熱を考えるときに1番考えていかないといけないのが窓なのです。
ポイントとしては、「ガラスと部屋の間に空気の層を作る」と「下から入ってくる冷気を遮断する」なのです。
まずは、2重窓はカーテンをかける事によってさらに効果が上がるのです。そして、防音にも優れています。
(高い音には効果はなし。)ですが、2重窓は料金がお高いので節約にはなれません。
次に障子だとカーテンよりも効果は上です。かなり暖かいですし、実はUVカットの効果もあるのですから素晴らしいです。
おまけに閉めっぱなしにしておいても日光はちゃんと通してくれますから昼間は部屋の中が暖かくなれるのです。
後で作るとなるとかなりのお値段にはなるのですが、これから家を作るという人には「障子」がおすすめです。
そして次に、ガラス結露防止シートですが、効果はまあまあ。結露はかなり減りますが、ただ、見た目がよくはありません
ので、寝室などずっとカーテンを閉めておく部屋にはいいかと思います。窓ガラス断熱シートを使っても正直効果は
ありませんので購入はされない方がいいかと思われます。厚いカーテンなら「厚い」よりも「長い」方が効果があるのです。
両方ならとてもいいと思います。床まで長いカーテンを使えば窓から入った冷気は下のほうにたまるので、床につく長さのカーテンはとても有効なのです。段ボールだとカーテンと床との間からも空気を遮ります。
すきまテープは隙間風が入りこんで来るという古いアパートや家に暮らしているという人のための必需品なのです。
灯油ストーブと過去たつとかの見直しとかもいい方法だとは思われるのですが、やっぱり有効的に節約生活を行っていくなら窓の断熱方法をよく見直していくべきなのではないでしょうか?