暑さを乗り切る・睡眠編

真夏の暑い日に電気代が扇風機やクーラー出かかってしまいがちな夏の暑い時期なのですが、特に真夜中に寝苦しくって暑いからという理由でクーラーをかけて寝たり、扇風機をかけっぱなしで寝ているっていう事をよくやってしまいがちなのですが、それでは節約にはならないです。
睡眠時での電気代をカットさせてしまえる方法がありますのでご紹介いたします。

竹シーツ・いぐさシーツ

ゴローンと寝ころぶと、ひんやりとしていてとても快適で気持ちがいいのです。
硬くって腰とかが痛くなりそうっていう心配をされているという方もご安心ください。
そんな心配をする必要性はないのです。

真夏の熱帯夜に普通の床に寝ころんでもひんやりとしていないというときがあるのですが、そんなときにこそ竹シーツと扇風機を使えば大丈夫なのです。

ただ、欠点が1つだけあるのです。

それは、竹のつなぎめにすね毛が絡まってしまって寝ている時に痛いのです。
いぐさシーツは通気性がよくってさらっとしているのです。
竹シーツといぐさシーツがちょっとお値段的に高いという風に思われている方には100円ショップなどで販売されている「ござ」を敷くだけでも涼しいですし、何よりそれなら節約につながります。

塩まくら

塩を使うと思っていたよりも気持がよくって、暑い真夏の夜でも気持ちよくゆっくりと眠れます。
わざわざ購入をしなくても、手芸が得意という人もそうでもないという人でも不織布と天然塩があれば自分で作れる簡単なまくらです。

扇風機

体に風が当たっているというだけでも体感温度というものが下がるのです。エアコンと併用して利用するのもおすすめです。
また、冷風扇は温度が高くなってしまうみたいですし、冷風扇だと、後ろから熱い熱が出てきてしまいますので、余計に熱くなってしまいます。

氷枕

あんまりにも暑過ぎるという時の最終手段なのです。氷枕やアイスノンを首のうしろのしいて眠ると脳にいく血が冷たくなってくれて暑さを感じなくなれるのだそうなのです。
だからといって、あんまりにも冷やし過ぎていると夏風邪の原因になってしまいますからご注意ください。
真夏の暑さは節約を行いながら乗り切っていけばいいと私は思っています。