電話料金の節約

通話料金がどうしてもかかってしまいがちな携帯電話にご自宅でのおてい電話なのですが、もっと、固定電話や携帯電話
での通話料金が安く浮けばいいのに という風に考えて日々頭を悩まされているという奥様が多いのではないでしょうか?
電話がしたいけど、節約もしたい!でもどうすれないいのかがよくわからないという方のために、通話料金を安上りに
させられる電話での節約方法というものをご紹介させていただきます。

・ビリングで節約

ビリング(NTT東日本では@ビリング、西日本ではMYビリング)というのは、電話料金の請求額などを郵送で
教えたりせずにNTTで見て確認ができるというサービスのことなのです。ビリングに申し込んでおくと、何と
月額の電話料金と通話料金が115,5円も割引になってくれるのです。そして、工事費用なども一切かかりません。
それに、用紙も減らせるのでまさに一石二鳥ということとなるのです。
・テレホンカードで電話料金を支払うようにしていく。
NTTの窓口にテレホンカードを持っていくだけで、それだけで電話料金や通話料金が支払えるのでそれだけでいいのです。
ただし、1枚のテレホンカードにつき50円の手数料というものが必要となってきてしまうのです。
それから、間違えてはいけないのはテレホンカードでお支払いが出いるのは通話料金だけです。基本料金などには使えません

・電話の機能にオプションは付けないようにしていくようにしましょう。

電話回線額が月額だけでも380円もかかってしまうという「プッシュ回線」なら、そんなのはこの機会にやめにしましょう。
どうせならお値段のあまりかからないリダイヤル回線にしてみてください。節約になれるからです。あとは、キャッチホンや
ナンバーディスプレイもなるべくつけないようにしていきましょう。別にこんな機能は付いていてもいなくても同じです。
必要性の全くないという機能にお金を支払っていくのはもったいないし、節約の妨げになるって思いませんか?

・電話はなるべく控えましょう。

大した用事ではないというときにはEメールで済ませて用件を伝えましょう。後はハガキを使ったり、FAⅩやチャットを
活用していき、本当に必要な時にだけなるべく通話をしていきましょう。あと、手紙でのやり取りというものもいいかと思われ
ます。手紙でコミュニケーションを図れば、さらに相手とのきずなが深まれるからです。
このようにして、日ごろからの通話の見直しをされていくだけでも十分に節約生活が成り立つのです。