「自動水やり」と聞くと、どうしても機械を使って自動的に行う水やりをイメージしがちですが、工夫次第では機械を使わなくても水やりを自動化できます。

それには、毛細管現象を応用するのです。鉢植えに自動で水やりするには、まず鉢植えを台などの上に置いて高くします。
その位置よりも低い所にバケツを置いて水をため、これに布きれをひたして、その端を鉢植えの土の中に埋めこむのです。
毛細管現象で少しずつ水が鉢植えの土にしみ込んでいきます。

この方法なら留守中でも鉢植えを枯らさずにすみまますね。