本物の「音痴」とは本当にごくわずかしかいないそうです。ですから、自分が「音痴」だと感じているのは、ただ単に歌のコツをつかんでいないとか、歌い方が違うとか、そういったちょっとしたことが原因なのです。ただ単に思い込みということもあります。

では、どうしたらよいのか。ボイトレに通うとか、そんな必要はありません。逆に、専門家に見てもらったとしても、何を言ってるかわからないことが多いです。僕が歌がうまくなりたいという人にアドバイスしてきたことは、「歌う本人になりきってうたってみろ」と言っています。歌を歌う前から、音程だのスピードだのしゃっくりだのビブラートだの気にする必要はありません。そんなのを気にしているから、うまくならないのです。まずは自分の感覚で歌うこと。

そうすれば徐々に音程が違うとか、ビブラートってこういうものなんだとかいろいろ学習することが出てくると思います。その上を目指したい場合は、次のことを教えます。

歌うというのは寝ている状態の呼吸法「腹式呼吸」が一番いいとされています。へそのちょっと上あたりが動くことを確認しながら歌ってみてください。これが歌うことの基本です。

そのほか、ちょっとしたテクとしては、マイクの上の方(マイクの音を拾う部分)はつかまないようにしてください。どうしてもうまく音が拾えませんので、マイクは中ほどを持つことをお勧めします。
それと、マイクは口と鼻の間に置くことをお勧めします。口から出る音は上部のほうが良音ですので、それを拾うことで得点アップ!
※もちろんこれらはある程度歌えることが前提です。