携帯電話などに頻繁にくる出会い系サイトへの勧誘。
しつこいと思いながらも、ついついやってしまうのがこの出会い系サイト。
模擬恋愛に惹かれるキモチも分かりますが、ここは上手に利用して、お金を掛けずに確実に素人と出会いたいもの。
ということで、かなりの数の実践をこなした上での「さくら」判別方法のノウハウをご紹介します。
とにかく、さくらやヤラセを相手にしなければ確実に出会えます。
そのノウハウをご紹介する前に、大前提があります。
一方的に送られてくる出会い系サイト。
これらのサイトで、あなたに返信をしてくるのは、100人の99人以上は、さくらです。
つまりほとんどがさくらで、ヤラセです。
このさくらにも2種類あります。
一つは、コンピュータが自動的に返信メールを作成するさくらと、もう一つは人間が返信メールを一つ一つ作成するさくら。

まずコンピュータのさくらを見破る方法です。
1.ハンドルネームに「さん」を付ける。
例えば、「としさん」のように。
これで返信メールの名前が、「としさんさん」と来れば、これはコンピュータで自動的に「さん」を後付していることとわかります。
人間であれば「さんさん」とは返信が来ませんし、返信内容にその件について触れてくるはずです。

2.あなたの書込の内容で、わざと漢字を間違える。
例えば、「平井堅」に似ているというような書込をする場合、「平井県」のようにわざと間違えます。
この返信で、「平井県」ときたら、これはコンピュータによる返信です。

3.返信メールの内容をしていする。
例えば、返信メールの最初に必ず「やっほー」と入れてください。
のように、こちらから返信内容の一部を指定するのです。
人間であれば、確実にやっほーと入れてくれますが、コンピュータの場合は認識できない場合があります。

次に人間のさくらを見破る方法です。
これは人間なので心理戦になります。
1.正直に、「ここのサイト経由でメールをすると、お金がかかるので、直接E-mailアドレスを教えてください」と言いましょう。
ここで直接E-mailアドレスを教えるのは不安なので、教えられないなどと言われたら、確実にさくらです。
これはマニュアルです。
このような場合にはスッパリとあきらめましょう。
本当であれば、E-mailアドレスを教えられないような人とは実際に会うなんてことは絶対にできません。
E-mailアドレスはだめだけど、会うのはいいよなんて話ありません。

【おまけ】
さくらを落とす。
過去に一度だけ、さくらを落としたことがあります。
つまりさくらの人と会ったことがあり、一時的にお付き合いをしました。
さくらの人もアルバイトや小銭稼ぎでやっている人がたくさんいます。
これらの人も普通の人間なんです。
この辺りの心理を読み、返信すればさくらの人と会えるかもしれません。
私の場合は、まずは「さくら」の人に「さくらの仕事もたいへんですよね」みたいなことでメールをして、「私の友達もさくらの仕事をやってるけど、ネタがないっていつも言ってるよ」なんてふうに軽い調子で入っていきました。