逆光で写真を撮ってしまい、人物の顔が暗く写ってしまった写真。この写真をフォトショップ等のソフトを使った直しかたです。

目や首周辺が黒く潰れたりせず、きちんと描写されれているなら十分に補正可能です。

フォトショップでの主な補正方法

(1)暗くなっている部分を「なげなわツール」で選択。
※コツは輪郭ギリギリより少し内側をなぞるように選択してください。

(2)[選択範囲]→[選択範囲を変更]→[境界をぼかす]で、ぼかす範囲を指定します。
※ぼかす半径数値の選択は、選択した範囲や画像解像度などによって異なりますが、1000万画素で「50ピクセル」、200万画素で「10ピクセル」程度を目安にいくつかテストしてみてください。

(3)[イメージ]→[色調補正]→[露光量]の数値をプレビューしながら適正になるまで補正。

修正部の状態によっては覆い焼きツールでも十分ですが、微調整が出来ない分、大幅に修正をする場合は修正部のコントラストが低下しがちになります。
周辺部とのバランスに注意しながら時間をかけて作業するとよい仕上がりになります。