例えばコンビニでは300円弱で売っている1.5リットルペットボトル。

スーパーなどへ行くと、Pコーラが128円で売っていたりするのは周知の通り。「一体原価幾らなんだよ~」と思った方も多いと思う。ここではそんな商品の原価をお教えします。いい話のネタになる事、間違いなし。

飲料編
ペッ トボトルやアルミ缶は、製造する際に電気を沢山使うので国内で作ると飲み物自体より高くなってしまう。例えば120円の缶飲料の工場原価は、中身が約2 円、缶が約11円。 150円のペットボトルだと中身が2.5円、ボトルが12円だといわれている。飲料に関しては、人件費とボトル製造費が原価の大半を 占めている。

食品編
うまい棒  小売価格 10円  原価 8~9円
え?儲け2円以下?ちなみに、原材料の値段が高くなるとうまい棒は短めに、安くなるとうまい棒は長くなるそうです。

ショートケーキ  小売価格 300円程度  原価 15~30円
こ れはなかなか儲かりますな~ もちろん人件費や運営費などがかかるので、店の儲けは限られてくるとはおもいます。ですが、ケーキ屋にとって一番儲かるのは やはりというべきか誕生日やクリスマスのデコレーションケーキで 小売価格3000円くらいので、何と原価は200円以下!(全てのケーキ屋さんに該当するわけではありませんのでご留意を)

牛乳1リットル  小売価格 200円程度  原価 13円
ここでいう「原価」は、牧場から業者に納入するときのもの。その後、殺菌したりパックにつめたりするので当然最終的な原価は上がる。ちなみに我が家は宅配牛乳。

コーラ1缶  小売価格 130円程度  原価 5円以下
この「原価」は、コーラ原液(1缶分)のみの値段です。これを水で割ってはじめて「コーラ」という飲み物になります。

ち なみにマクドナルド(マック)で販売されているコーラは全て、コカコーラが無償でコーラ原液を提供しています。マックが負担するのは、水、コップ、スト ロー、氷のみ。他にも ミニッツメイドオレンジ や ファンタグレープ など商品名で販売されているものは全てメーカーが無償提供しています。要は宣伝目的で、マックの店員は「コカコーラ」と言い直さないといけないわけだ。他 のファーストフード店も同様。