最近たくさんの消費者金融がCMを頻繁に行い、また街角にはいたるところに無人契約機やATMが設置されています。
とてもイメージはよくなってきましたがやはり利息は気にしなくてはいけません。
それでもこれらの消費者金融を上手に利用すれば便利なことは間違いありません。
基本的にアコムや武富士、レイクなどの消費者金融は、利率が28%前後になります。
ただし取引額が増えれば利率は最大18%まで下げることが出来ます。
積極的に電話をして利率を下げてもらう交渉をすれば意外と下げてくれます。もちろん交渉力も必要ですが、他のライバル会社からも借り入れがあるとか、借り換えをする等伝えると有利です。

おすすめは、新規参入の銀行系ローンカード。
UFJ銀行系の「モビット」や三井住友銀行系の「アットローン」は、銀行で利用できるのはもちろんのこと、近くのコンビニなどで借りたり、返済できるのでとても便利です。また利率も年利18%程度と老舗組に比べお得です。
さらにこれら銀行系での借り入れは、消費者金融での借り入れとは区別されます。つまり銀行系で借り入れをしていて、さらに消費者金融系で新規に借り入れをする場合、その申請書に必ず記入項目がある「現在の借入件数と金額」は、0件0円で申請することができるのです。
ぜひ先にこれらの新規参入組から審査のお申込みをすることをおすすめします。

もちろん借り入れの時はちゃんと計画を立てて、いろいろな金融会社と比較されることをおすすめします。

ちなみに銀行系と消費者金融系での借り入れは別々のものとして考えられていますので、例えば消費者金融系で借り入れをするとき、必ず「現在の借り入れ件数と借り入れ金額」を聞かれるのですが、銀行系で借り入れをしていた場合、その銀行系の借り入れは申告する必要はありません。つまり銀行系だけで借り入れをしていれば、消費者金融系で借りるときは借金0円で申告できます。