さて、笑顔で好印象を残したら、今度は中身をちょっと改造してモテモテになっちゃいましょう。
これはちょっと地道な裏技。
もちろん簡単方法です。
異性だけでなく同性(友人)など、人間関係全般に応用できるので、覚 えておいて損はナシですよ!!
それは、「相手の話を聞く」ということです。
なんだ~。
そんなの普段からやってるよ、だけどモテないじゃん!と思っ たアナタ、話を聞くのにもコツがあるのです。
まずは相手がただ話したがっているだけなのか、あなたの意見を聞きたがっているのかを見極めます。
相槌だけで相手が話し続けていたら、相手に話させてあげましょう。
1.いいタイミングで相槌を打つ 相手が話したがっている時、意見を挟むのは禁物。
相手が話しやすいよ うに相槌を打つということです。
「そうですね」「はい」「うんうん」「なるほど」
2.相手の話を繰り返してから、具体的に聞く 「楽しかった」と相手が言ったら「楽しかったんだ、どんな風に? 」 と繰り返す。
それによって相手は共感されている実感と自分に関心をも たれているんだと感じられる。
3.相手の話を否定しない。
 
たとえ、自分の考えとは違っていても、そういう考え方もあるんだ、この人はそう思うんだ、理解すると話しを受け入れやすい。
余計な意見を挟まないことで、受け入れられたという実感を抱かせます。
人はいつだって、相手に理解されたがっているもの。
聞き上手になれば、モテること、人間関係がスムーズになること間違いなしです。