子どもの急な発熱や病気って怖いですよね。
原因も風邪なのか、別の病気なのか。
でも、急病センターにかかるべきか判断できない場合もあります。
特に急病センターが遠い場合です。
そこで#8000をかけてみてください。
各都道府県の専門の看護師につながり、指示をくれます。
また、沖縄以外は携帯からもつながります。

これは厚生労働省の小児救急医療電話相談事業のようです。
詳しくは以下です。

★小さなお子さんをお持ちの保護者の方が、休日・夜間の急な子どもの病気にどう対処したらよいのか、病院の診療を受けたほうがいいのかなど判断に迷った時に、小児科医師・看護師への電話による相談ができるものです。

★この事業は全国同一の短縮番号をプッシュすることにより、お住まいの都道府県の相談窓口に自動転送され、小児科医師・看護師からお子さんの症状に応じた適切な対処の仕方や受診する病院等のアドバイスを受けられます。

小児救急電話相談連絡先 #8000
一般ダイヤル回線(携帯・ダイヤル回線使用可) 平日(月~金) 休日(土曜日含む)