バーゲンで良品と粗悪品を見分けるにはタグを見ると良いそうです。

バーゲンで売られている商品は大きく分けて2つあります。
1つは、正規品として販売して売れ残った商品。
もう1つは、バーゲン用に作られた商品。
バーゲン用に作られた商品は質を落として作っているのが通例です。

これを見分けるには、タグを見ます。
元のタグの上に、シールが貼ってあるものは、
正規品で売っていた商品。
印刷で値引きされたタグがついている物はバーゲン用に作られた商品です。
全てという訳ではありませんが、大手百貨店ではこのようなシステムが多いと思います。