外を歩いていると足の裏が凍るように冷たい季節になりましたね。
そんなときには、靴のつま先に唐辛子を入れると温まります。

これは唐辛子の辛み成分であるカプサイシンが、皮膚を刺激、
毛細血管を拡張して足の血行を良くし、指先を暖めるのです。

効果が続く時間はカプサイシンがなくなるまでですがかなり長いようです(数日単位以上)

寒冷地では霜焼けや凍傷予防にも効きますね。