サラ金でどうしても金を借りなくてはならない事になったらまず「都(1)・・・・・号」

といった番号が広告に有るかどうかチェックしま す。これは貸金業の規制等に関する法律(サラ金規制法)に則って、各都道府県知事が認める営業許可証のようなもので、「都」と言うのは都知事のことです。 ですから、都道府県によって「県」や「府」などに変わってきます。カッコ内の数字は業者が3年ごとに行なう更新の回数をあらわします。

登録時に(1)が許可になり、(2)なら最低でも3年、(3)なら6年は営業している訳です。ちまりカッコ内の数字が大きいほど営業年数が長いと言う事になります。