最近の福袋は、中身を公開して売っている所が多いと思います。そもそも、福袋は中に何が入ってるかわからないのが醍醐味なのであって、中身がわかるようにするのは、内容のわかるおみくじをひくようなものだと思う。だから、中身はどうであれ、好きな店で今年の運勢を占うようにだまって1個買えばいいと思います。

事前にどの店の福袋を買うか決めて、販売個数にあわせて回り方を決める。
自分用に買うか買わないかの決め手は、会社用に使えるっぽいメーカーのものなら、買い。プライベートで着る服はパジャマになるかならないか。
とにかく服の数はもらえるんだから、好みじゃないのが入ってたらまず他の人にあげて、最後は自分の部屋着になることを予想して買う

食料品、消耗品が一番失敗なし。まったく物を持っていない人にはいい。好みやポリシーをもっている人は中身を公開しているものを選ぶべし。

中身を少し見て、重いものを選んで買う。

値段の割にお得な商品が入手できると錯覚して新年早々血眼になる必要はありません。自分に合わなくて他人に進呈してしまう品が必ず混じっています。ひどいところでは未だに前年の売れ残りを混ぜ合わせるらしいです。前に買い込んだ衣類で一度も袖を通さないものが箪笥や押し入れに眠っているはずです。本当にお得かどうか福袋を買う際には冷静にならなければならないと思います。

まずは狙いのデパート等の店内案内を熟読、入り口やエスカレーターの位置をチェックし、年末には各店の傾向を調べておく。当日は履き慣れた靴に服装(でも寒さ対策に工夫を)お祭り好きの友人と早朝から並び、現金はすぐ支払いが済むように取り出しやすいところに用意、効率よく回れるように頭の中でイメージトレーニング。開店したら‥健闘を祈り目的地へ向かってGO!