携帯電話の電話番号。
どうせ一生使うのであれば、語呂のいい番号で。
実はこの携帯電話の良番は、かなりの高値で取引されています。
電話番号という付加価値が10万とか20万とか、時には100万とか付くのです。
090-****-7777
このような番号を持っている人がいるのであれば、だいたい20万円くらいで売ることができます。
ちょっとしたお小遣いになりますよね。
本当にそんな値段で売れるの?と首をかしげる方もいらっしゃるかもしれませんが、ほしい人にとっては決して高い買い物ではないのです。
最近では、このような携帯電話の良番を販売するサイトや会社が多数現れています。
いずれ、携帯電話会社を変えても、電話番号はそのまま利用できる時代がくれば、電話番号の価値はさらに上がるモノと考えられます。
ぜひ良番販売のビジネスでもしてみては?

それで、余談ではありますが、良番販売ビジネスを運営するコツを簡単にではありますが、お教えしましょう。
1.信用をとるために、代金はすべて後払いで受け取る。
つまり譲渡契約や、新規契約の手続きがすべて完了し、所有権が完全に移った状態で、代金をいただく。
逃げられないの?と不安になるかもしれませんが、相手の身分証明書も抑えている訳ですし、暗証番号もわかるので、その場合は回線を止めてしまう等の対処をしましょう。
2.販売価格の表示は、手数料などのすべて込みの価格で。
譲渡などの手続きにはいろいろ費用がかかるイメージがありますが、意外かかりません。
わかりやすく表示することが安心を与えられます。
3.自分で携帯を所有しなくてはいけない場合、つまり譲渡をするために、携帯を所有しなくてはいけなくなってしまうことも考えられます。
自分で所有するとなると基本料金がかかります。
それではその基本料金を出来るだけ抑えるための工夫を伝授しましょう。
NTTドコモの場合であれば、データ通信用の料金プランにしましょう。
vodafoneであれば、一番安い基本料金にして、複数回線を持つことがあれば、ファミリー割引を組んでしまいましょう。
東日本地域であれば、年間割引も付けても大丈夫です。
主回線の入れ替えにより、年間割引をつけても解約金なしで譲渡できるので。

【良番を入手することは可能か?】
携帯電話の良番、つまり7777や1234と言った覚えやすかったりぞろ目の番号というのは存在しますが、そのような良番は一体どこに出回っているのでしょうか?
基本的に、携帯番号の090の後の3桁は地域の携帯電話会社によって振り分けがされています。
それ以下の番号は製造順に携帯電話が携帯に入れています。
奇跡的な良番は、携帯電話の営業部が握っていることが多いようです。
携帯電話会社のお得意先用に出したりと営業の武器として使用しています。
それ以外は主に量販店に流れますが、量販店に流れる頃には、その上の代理店が抜き取っています。
このような代理店が何重にもありますから、私たちが普通に買うお店には良番は流れてはきません。
しかし一部の量販店には良番をキープしていることがあります。
わずかな良番をクレーム用としてキープしていたり、従業員用としてキープしてあります。
従業員と仲良くしたり、しつこく頼み込めば良番を出してくれるかもしれません。
その他には、良番は販売している専門のお店なども存在します。
しかし値段は10万円以上もして高価です。
また良番を売買する掲示板やオークションなどでも出品されていることがあります。
どちらにしろ一生つきあうことになる番号ですからお気に入りの番号を手に入れたいものですね。

↓良番売買専用の掲示板です。
良番ドットコム
http://members.jcom.home.ne.jp/ryouban/