【リダイヤルシステムを利用する。】
人気アーティストのコンサートや演劇などのチケットを電話で予約するような場合、電話がつながりづらいというのが定番。
これは膨大な電話が特定の交換機に集中することによる交換機のパンクを防ぐために、電話局がその接続量を制限しているからです。
そのような条件の中で、私たち一般の人が電話で予約をしようとしても、なかなかチケットをゲットできることは少ないのですが、業者等のプロの方であれば、確実に確率を上げて人気チケット等をゲットしているのです。
それでは具体的に人気チケットをどのようにしたらゲットできるのかをご紹介します。
まず電話をかける電話番号を調べます。
電話番号を調べると言っても、一般的に公開されている代表番号ではなくて、その裏に隠されている子番号を調べるのです。
大手のチケットセンターには、代表番号の他に子番号というものが存在します。
これらの子番号とは、一つ一つの電話回線に割り当てられている電話番号のことで、これらがすべてまとめられて、代表番号になっているのです。
私たちが電話をかけるときも代表番号に電話をしますが、流れとしては、代表番号を経由して、それぞれの回線の子番号に電話がつなげられているのです。
電話がつながりづらいチケットセンターには、代表番号に電話をかけるより、これらの子番号に直接電話をかけてしまう方が電話がつながりやすいのです。
その子番号は有料ではありますが、「DAブラックホール」というソフトを利用して割り出します。
詳しくは下記サイトをご参照・お問い合せください。
http://www.nda.co.jp/soft/
そして、子番号を割り出したら、代表番号にではなく、その子番号に集中して電話をかけるようにします。
方法は短時間の間に確実にリダイヤルするのが、シンプルでありベストです。
短時間の間にたくさんリダイヤルするには、一般的な電話機ではなく、専用のリダイヤル電話機が必要になります。
このようなリダイヤル電話機はオークションサイトや秋葉原などの専門電気街で売っています。
また最近では、パソコンを利用してリダイヤルをする専用のソフトも出回っています。
この状態で電話予約をすれば、電話予約できる確率は数段上がります。
多少お金はかかりますが、そんなに難しいものではありませんので、よく電話予約をするような方はぜひ挑戦してみてください。

なお、「公衆電話からの発信が有利」と一般的によく言われていますが、これは効果がありません。
NTTでは、災害時等の「災害型輻輳」体制の時には、公衆電話を優先させますが、チケット予約等の「企画型輻輳」体制では、公衆電話は優先対象にならないのです。
ご参考までに。

【コツを利用する】
その他にもチケットをとるコツとして有名な情報をご紹介します。
ご参考までに。
コツ1!
一般家庭電話から電話をかけずに、公衆電話からかける。
一般的に家庭の電話より
公衆電話の方が緊急時の為に優先的につながりやすくなっているということです。
コツ2!
市外局番を省略せずにダイヤルする。
たとえば東京に住んでいる方でも03をダイヤルする。
コツ3!
専用ダイヤルを利用する。
例えばクレジットカードの会員専用番号にかけるとかです。
混雑率はかなり低くなっています。
コツ4!
Yahoo!BB等のIP電話からの発信が有利らしいです。

【ファンクラブを利用する】
最近よく使われている方法ではありますが、人気バンドやグループのファンクラブに入る方法です。
一部の業者では営利目的でファンクラブに片っ端から入っているところもあります。
ファンクラブであれば、優先予約や先行予約が多く、座席も良い場所になることが多くなっています。

【イベンターの会員サービスを利用する】
イベンターやプロモーターの会員サービスを利用する方法です。
これは、イベントやコンサートの主催や企画を行う会社で、このような会社では実際に会員サービスを行っているところがあります。
それではそれらのイベンターやプロモーターの社名をご紹介します。
詳しいサービスや情報はホームページや直接電話をするなどして、各イベンターやプロモーターにお問い合せください。
イベンターやプロモーター一覧
1.ウドー音楽事務所
2.キョードー東京、キョードー東北、キョードー北陸
3.ホットスタッフ
4.ディスクガレージ
5.フリップサイド
6.H.I.P
7.サウンドクリエーター
8.グリーンズ

【抽選のチケットを狙う】
eプラスや、えきねっとなどのチケットサービスでは、人気チケットは抽選で販売しています。
気力がなくても、運が良ければ当たる確率があり、人気チケットでもゲットできるかもしれません。
会員登録が必要ですが無料です。
ただし抽選後、もし当選しても辞退ができませんので、本当にほしいものだけを狙うようにしましょう。