複数の語を丸暗記するとき私ならばこのように憶えます。
まず、5個ずつ単語が並んでいることに着目します。頭のなかで5×3のマス目をつくり、五十音表のようなものに単語をいれていきます。
例えば、「あ」の段には、「米、こたつ、鉛筆、ネクタイ、チョコレート」が入ります。
次に「あ」で始まる有名人を思い浮かべます。例えば「アムロナミエ」だとします。
つぎに、『アムロナミエが「米」を「こたつ」の中に撒いたら地面から「鉛筆」が生えてきてそれが「ネクタイ」に突き刺さり、突き刺さった所からドロドロと「チョコレート」が出てきた』というようにイメージします。
ポイントは、順番通りに思い出すように工夫することです。
このような、時間に即したストーリーでもいいのですが(ストーリー仕立は時系列による順番の喚起を利用しています)、「頭、首、肩・・・」というように、体の部位などを利用し順番に結びつけるという方法もあるでしょう。
(例)アムロの頭(頭から「米」をかけられた)→首(首まで「こたつ」に入っている)→肩・・・というように。
「か」の段、「さ」の段でも同じようにイメージを作ります。
実際にイメージを作って暗記をしてみてください。

きっと暗記できたのではないでしょうか!?