今回ご紹介するのはトランプで計算力をつける遊びです。

ジョーカーを抜いたトランプ52枚の数字をすべて足すと364になります。
このトランプの合計数字をもとに計算力をつける遊びです。

これはドラマにもなった東大受験を描いた「ドラゴン桜」で紹介されていた方法です。

やり方はとっても簡単。
普通にトランプを切って、1枚ずつトランプを取り出た数字をどんどん足していくものです。トランプのスピードに似ています。
こっちの方がとっても簡単そうと思いますが意外に難しいし、とっても集中力を要します。

これを毎日お子様とやっているだけで自然と計算力と暗算力、さらには脳が活性化され記憶力なども歴然と上がります。
ゲーム性がありますので、お子様と競い合うことで親の方も計算力もつきそうですね。