海外ダイビングではレンタル器材を利用する場合でも、ウエットスーツだけは持って行ったほうがいい。
海外ではウエットスーツの備えが少ないというのもあるが、体の小さな日本人向けのサイズがあまりなく、ピッタリしたものは見つけにくいからだ。また、“ショーティ”と呼ばれる半そで半ズボンタイプのものが多く、肌や体温の保護という点でも十分ではない。