両手を後ろに廻し、手の平をお尻の下にあてて、少し持ち上げるようにして、階段を上ると、普段より楽に上れます。手に荷物を持ったり、下りの階段、坂道では危険ですので、絶対にやらないで下さい。